うまコラボ

PR【菊花賞過去データを分析した結果】
10月21、22日馬券的中を量産する方法


このデータを見つけたときは鳥肌が立ちました。
菊花賞にも他の全レースにも、このデータは使えると思います。

参考にしているデータは、このコラボ指数です。
コチラ


先に結論から言うと、今年の菊花賞や他の全レースを当てる為のポイントは、


1、コラボ指数30以下の馬をすべて選択
2、コラボ指数31以上の馬で単勝オッズ20倍以下の馬を追加選択

この2つです。説明すると
1、コラボ指数30以下は、過去競争データや血統からそのレースで走れると判断された馬。(図:赤線)
2、コラボ指数31以上は、過去競争データや血統からそのレースで走れないと判断された馬ですが、
単勝オッズ20倍以下になるという事は、過去データや血統からは拾い切れない走れる新鮮な条件が世の中で噂になっているという証拠。つまり穴馬になり得る馬。(図:青線)


コラボ指数と単勝オッズを組合せて見るだけ
で、上の条件が拾えるようになります。
※図は見やすいように、右から着順別にデータを並び替えてます。

■2014年菊花賞結果データ

■2015年菊花賞結果データ

■2017年10月14日(日)20万馬券以上決着のレース


すべて僕が指摘した条件通りにレースが決まっています。

コラボ指数をそのまま使っても拾え切れないデータが必ず出てきます。
でも、コラボ指数と単勝オッズを組合せただけですごいデータを拾う事ができます。

今週の菊花賞、そして平場、特別戦、的中馬券を量産する為に、
参考にしてみてはいかがでしょうか。
コチラ

日本ダービー(東京優駿)

日本ダービー2016/マカヒキの評価は?皐月賞2着馬のダービーでの成績ってどーよ!?予想オッズと注目穴馬!

更新日:

大川慶次郎PC

どうも。先週は平安S、オークスの2連勝でダービーに向けて勢いが付いている管理人エバーです。オークスでガミったのはココだけの話にして下さいね(・∀・)

さて、今週はいよいよ競馬の祭典・日本ダービー(東京優駿)です!今年は例年に比べても超ハイレベルなメンバーが揃った印象ですね。

2戦目で2歳G1を制したエピファネイアの弟リオンディーズ。それを弥生賞で楽に捕まえた皐月賞2着馬マカヒキ。デビューから3戦無敗できさらぎ勝を勝った皐月賞3着馬サトノダイヤモンド。んで、それらを皐月賞レコードでまとめて面倒見たディーマジェスティ。今年はコノ4頭と、毎日杯、京都新聞杯を連勝してきて、まだ勝負付けは終わっていない感のスマートオーディンを合わせたハイレベルな5強の争いか?あ、青葉賞勝ち馬ヴァンキッシュランもいましたね(・∀・)

今から日曜日が待ち遠しい限りですが、なんと、なんとですよ、ニチヨウビハコドモノウンドウカイ。あまりにショックで片言になってしましました(笑)。なんと日曜日は子供(牡9歳)の運動会なんですよね(-_-;)

しかも、しかもですよ、息子が初めてリレー戦に選ばれたので、なんかね、ある意味コッチもダービーみたいなもんなの。管理人的には、天秤にかけたら、若干、日本ダービーの勝ちなんだが(笑)、まぁ嫁やジジババとも折り合いを付けないといけないのでね…( ´Д`)=3

ではでは、どうでもいい前置きになってしまったので、そろそろ本題の日本ダービーについて。

週初めの記事は、いつものように予想オッズの上位人気馬から。今回は皐月賞2着のマカヒキの評価について。

日本ダービー(東京優駿)の予想オッズ

日本ダービー 2016 予想オッズ

出走ボーダーや想定騎手はコチラの記事⇒日本ダービー2016/出走登録馬と想定騎手!今年は皐月賞上位4頭とアノ馬で五強の争い!?

マカヒキの評価は?

makahiki16030601

まずは弥生賞、皐月賞の時の評価をご覧あれ。

【弥生賞時】
新馬戦はスッと前団に取り付くと、直線で外に出し、相手が弱かったのもあるがほぼ持ったままでの完勝。時計的には36.4-37.4-33.9の完全な上り勝負だっただけに、評価は難しいところだが、馬なりで33.5のキレはかなりのモノかと。

前走の若駒Sでは、中団やや後方の位置取りからノーブルマーズのペース駆けで、3F37.6-5F63.4のスローの流れを後方で折り合い、直線で仕掛けられるとキッチリ前を捉えての完勝。

この2戦とも底を見せていない感はあるが、ラップを見てもどちらも完全な上り勝負になっているので、コノ馬のキレが活きたレースになったかと。

過去10年の弥生賞のラップを見てみると、良馬場なら前半5F61秒程で、後半5F60秒前後のやや後傾ラップ、上り3Fは例年35秒ほど掛かっているので、上りの速さは全く重要じゃなく、ポテンシャル勝負でバテない馬が好走するレース。

マカヒキの場合は、2戦ともスローからの上り勝負で極上のキレを見せつけただけに、ミドルペースで流れて、後半5Fを12秒前後で走りきるポテンシャルがあるかどうかだろう。

管理人の見立てではポテンシャルタイプと言うよりはスピードタイプに思えるだけに、この舞台でリオンディーズを負かすほどの強さは感じないところ。

また、馬体を見ても全姉ウリウリと似ているので、ゆくゆくはマイルチャンピオンシップで面白い存在かと。あ、そういえば、ウリウリは輸送競馬が全くダメだが、初の東上となるだけにその辺も気になるところ。まぁ牡馬なのでそこまでナイーブじゃないだろうがね。

邪推師GANMAさんじゃないが、上位人気3頭の中ではコレジャナイ感を一番感じる馬です。

【皐月賞時】
えぇ、ご覧の通り、弥生賞に関してはあまり評価していませんでした(´・ω・`)

ただ、昨日記事の「対してマカヒキは……。」の続きになるが、中盤で緩んだレースになったとは言え、マカヒキはそこ(中盤)でポジションを上げていたワケではないのよね。

最後までラップが落ちていない加速ラップ(後半4F12.5-12.5-11.3-11.3)なので、展開的には前に付けたリオンディーズが勝つ流れを、一頭だけ後方(3角9番手、4角8番手)から差し切っているので、額面以上に評価できる内容かと。

マカヒキの弥生賞での上り3Fは33.6で、レース動画から推測するにその中身は【11.6-11.0-11.0】ぐらい。急坂の中山でもキレは全く鈍っていなかった。

ラスト1Fが11秒後半に落ち込んでいれば、そこまで評価は変わらなかったのだが、リオンディーズのラスト2F11.3−11.3を楽に交わしているのは、能力的にちょっとモノが違う様な気もしている。

ただリオンディーズの記事でも書いたように、今年の弥生賞は珍しく中盤が緩んだので、あそこが12秒台前半で流れる本番の皐月賞で、同じ脚を使えるかどうかは未知なところ。

んで結局、皐月賞では本命に推したが、あのペースになっても上り3F最速(33.9)を繰り出して2着。ディーマジェスティには11/4馬身及ばなかったものの、4角の位置取りの差が全てだったかと。アレを見たらまだ底は割れていないので、ダービーでも期待してしまいますね。

また、皐月賞当時は強風で向正面が強列な向い風(最後の直線は追い風?)だったので、後方からレースをした2頭(ディーマジェスティマカヒキ)に展開が向いたという声があるが、アノ日の中山競馬場の中距離レースで4角10番手以下から馬券になったのは皐月賞の2頭だけ。しかも向正面では2頭とも外に持ち出していたので、巷で言われるほど風の影響があったかどうか?

気になるデキ(調子)は?

その皐月賞から中5週、1週前のフォトパドックでは、前走と比べても明らかに胸前が盛り上がり、皮膚も薄く見せ、かなり良化している印象。正直、皐月賞時は弥生賞時に比べてそこまで上積みを感じなかったが、今回は大一番に向け抜かり無く仕上がって、まさにダービー仕様といったところかと。やっぱ顔もカワイイね(・∀・)

追い切りはどーよ?

2週前追い切りは、栗東CW(不良)併せ馬で7F【97.0-80.1-64.6-50.0-36.6-11.8(馬なり)】

1週前追い切りは、栗東CW(重)併せ馬で7F【98.8-82.9-67.2-52.5-38.7-11.6(馬なり)】

2週前に馬なりで4F50.0-11.8の好時計、1週前は終いの反応を見る感じで、軽く仕掛けただけのほぼ馬なりでラスト1F11.6と、動き、時計ともに文句なしの追い切り。

最終追い切りは、輸送もあるので、坂路でサラッとやる感じか?何れにしても、2週続けてラスト1Fをほぼ馬なりで出しているように、現時点では万全の仕上りと言えるかと。

※5/26追記
最終追い切りは、栗東坂路(良)で4F【52.9-38.5-24.7-12.1(G前追い)】

コノ馬としては平凡な時計だが、加速ラップで最後までシッカリ動けており、少し追っただけでこの時計。1、2週前追い切りと合わせて、デキはメイチと見て良いかと。

大一番のダービーへ向けて陣営もできることはやった印象ですね。あとは川田がハープスターしないことを願いたい(´ε`;)ウーン…

コース適性は?

マカヒキ推しの人が一番の懸念するのはコレかと。差しが決まるオークスとは違い、Cコース替わりで前が止まらくなるダービーで、皐月賞のような追い込みが決まるかどうか?

また、テンから出して行って中団より前に位置した場合、今回のメンバー相手にその競馬で通用するかどうか?血統的にも全姉ウリウリだしね。

やはりコノ馬の脚質的には、近年の先行有利なダービーでは、合わないのは間違いないかと。ただ、それでも弥生賞、皐月賞の脚を見たら、直線が伸びるダービーでは更にいい走りを期待してしまうところ。

時間がある人は、下の皐月賞パトロール映像の最後の直線部分を見て欲しい。

(最後の直線は1:40〜)

勝ったディーマジェスティは右ムチを入れながらも、右にささっているが、大外のマカヒキはほぼ真っ直ぐ走れている。ディーマジェスティが真っ直ぐ走ったらどんだけなんだ!?と言うツッコミは置いといて、直線が長くなる東京コースで、真っ直ぐ走れる、走れないの差はかなり大きいと見ている。今年は有力馬でも何頭か真っ直ぐ走れない馬がいますよね(・∀・)

はい、こんだけ良いコトばっかり書いたらもうお分かりかと…現時点では素直に本命候補です。

皐月賞2着馬のダービーの成績は?

昨年の皐月賞2着馬リアルスティールの評価記事でも書いたがネタだが、今年もヤリます。(昨年の記事を一部引用)

皐月賞が東京開催だった、2011年を除いた過去11年(昨年までの過去10年に2015年を追加した)の皐月賞2着馬のダービーでの成績が以下の通り。

馬名 人気・着順 騎手
2015年 リアルスティール 2人気・5着 福永祐一
2014年 トゥザワールド 2人気・4着 川田将雅
2013年 エピファネイア 3人気・2着 福永祐一
2012年 ワールドエース 1人気・4着 福永祐一
2010年 ヒルノダムール 3人気・9着 藤田伸二
2009年 トライアンフマーチ 6人気・14着 武幸四郎
2008年 タケミカヅチ 7人気・11着 柴田善臣
2007年 サンツェッペリン 9人気・4着 松岡正海
2006年 ドリームパスポート 7人気・3着 四位洋文
2005年 シックスセンス 7人気・3着 四位洋文

【以下抜粋】
福永にはあえて触れません(´・ω・`)

んで、ご覧の通り、過去10年では1頭もダービー馬は出ていない。1番人気が強いダービーでも、ワールドエースは馬券にすらならなかったな。んで、データが見れる1987年以降で調べてみたら、皐月賞2着馬の成績は【3-3-2-17/25】で、ダービー馬に輝いたのは、タヤスツヨシ(1995年)、アイネスフウジン(1990年)、ウィナーズサークル(1989年)の3頭だけ。

この3頭の皐月賞とダービーでのレースを見れば、勝って然るべきって感じだわ。タヤスツヨシは皐月賞では上り最速もクビ差届かず敗れ、ダービーでも上り最速で勝利。

ウィナーズサークルも皐月賞は上り最速で届かずダービーでは差し切り勝ち。

アイネスフウジンは、逃げて共同通信杯を勝っているが、皐月賞では番手からの競馬、4角先頭も最後に捕まって2着、ダービーでは自分の型に持ち込んでの逃げ切り勝ち。いま見てもシビれるわ。

そう、皐月賞で上り最速の2着馬は話が別ってコトになる。ただ、トライアンフマーチ(2009年14着)、ヒルノダムール(2010年9着)もいるが、前者は田んぼダービーの年で上りの脚は関係ないレース、後者は皐月賞での上り3Fが35.0、2位が35.1、3位以下35.2、35.4と続いて、少しだけ速い程度。

対してマカヒキの33.9は、2位のディーマジェスティの34.0、3位サトノダイヤモンドが34.8と、上位2頭が抜けて速かった。それも2頭は外を回してね。

んで、過去10年で同じ感じ(皐月賞で上り最速馬が勝ち負け)のレースを探してみると、昨年のドゥラメンテがコレに近いかと。

ドゥラメンテが上り33.9で2位リアルスティール、サトノクラウン、ダノンリバティが34.5、その差0.6秒。結果ダービーでもドゥラメンテが抜けてましたよね。つまりそういうコト。今年の皐月賞組からは、ディーマジェスティマカヒキの2頭が抜けている見立てです。

deemajesty160417

さてさて、では最後に週アタマ恒例の注目穴馬を1頭。いつもの様にブログランキグに載せてますので応援クリックがてら覗いて下さい。

馬名はコチラ⇒人気ブログランキングへ(A)

前走皐月賞組からは必ず抑えておきたいのがコノ穴馬。前走は対リオンディーズを意識したレース?になり、これまでとは違う競馬になったが、それでもそこまで負けておらず、最後の脚色を見る限り、違う形になればもう少しやれていた可能性も。東京コースにも良績があり、予想オッズの人気なら印は回したい穴馬です。

俺の競馬予想

PR【新しい競馬サイト】元競馬雑誌記者x現役馬主

こんな異色のメンバーで構成された新しい競馬サイト。
しかも外見は怪しさプンプン。覆面の下にちょっと目が見えている笑
面白いと思って調べてみました!
コチラ(無料登録フォーム)


<まずはお得ポイント>

1、毎週、無料予想が公開される。
2、無料登録だけで5,000円分のポイントが手に入る。
3、運営者のブログでレース展開がよめる。


<次に、他競馬サイトでは見ない事。強み>

1、元競馬雑誌記者=師匠

予想はパドックで「馬体の気配」を見て予想を変えることがある。
なので出しっぱなしの情報ではなく、
レース直前に予想や見解をたすこともある。
※カイジが好きらしい。納得。だからこの被り物か。。。

2、現役馬主=俺

馬主なので、関係各所行き来しまくれる。勝手に面白い情報が入る。
元々競馬はやってなくて勉強中だけど、サイン馬券の買い目出しがすごいらしい
2017年の2月には5,000倍的中。100円が50万に。
※サイト運営は2017年3月からなので、この予想はだしていなとのことだが、
そのときの的中画像はあるので、サイト内で公開しているとのこと。



【結果】

関係者というガチな人間ほど情報が入ってくる経路があるので、予想には自信があるのだろう
しかも現役馬主。馬主になるにはすでに相当の資産があるはず。個人資産は潤沢。

サイト運営で儲けようという気はないと思う。
予想をしてみんな勝って楽しもう。という色が強いサイトに見えた。
なので、なんかこのサイト。運営者が楽しんでやっている感がプンプンする。
だから、運営者(師匠)が好きなカイジをイメージして自分たちが楽しめるサイトにしているのかなと思った。

サイトもきれいだし、スマホでの表示もきれいだし、

かなりお金をかけて作っているサイトだと思う。


長く続けていくんだろうな。
というのが伺えるので信頼性はある。

他にはない競馬サイトでちょっと気になるのは自分だけだろうか!?
100万200万当たったというような、夢物語みたいな競馬サイトではなく、
競馬が純粋に好きで楽しんでいるサイトだと思う。
コチラ(無料登録フォーム)

※ちなみに、この覆面、ある条件をクリアーすると無料でプレゼントされるらしい笑
ちょっとほしいかも。

無料情報でも勝てる競馬予想サイト!使わないと損ですよ〜

うまコラボ

独自に開発した「コラボ指数」で脅威の的中率を誇るサイト。
レース前日に発表される指数から買い目を作るだけで、競馬初心者であっても簡単に的中を繰り返す事が可能です。
サイト内には買い目の出し方もわかりやすく解説しているので、軍資金に応じてレース・点数を絞ることができます。
もちろん、これだけ当たれば回収率もエグいですよ(・∀・)

ハイヴォルテージ

グリーンチャンネルでパドック解説を務めていた元ダービーニューストラックマン・柴崎幸夫氏が完全監修の競馬予想サイト。
超人気コンテンツの「注目馬速報」は複勝圏率90%超の絶対的な軸馬情報が無料で見放題!また当週の重賞レースの買い目も無料で見れるのでまずはそれをチェック!

馬券総合研究所 Turf Vision

"研究所"と謳っているだけあって、群を抜いた情報分析で圧倒的な的中率を誇る競馬予想サイト。
人気馬の取捨ができる「グリグリくん」、毎週4頭の穴馬をピックアップした「衝撃のダークホース」など…ネーミングセンスは置いといて(笑)、馬券に直結する情報が全て無料で見放題。毎週土日各1鞍の買い目が見れる「週末作戦研究室」も良く当ってますよ。

競馬予想の必須ツール

1

うまコラボとは、ガッチリ予想を提供する競馬サイトではありません! 全レースを対象に、血統情報やスピード指数などによって、【各レースで勝率の高い馬を順番に示してくれるサイト】です。 つまり、その辺で良く ...

2

MacユーザーはJRA-VAN関連の競馬予想ソフトは使えない… これはもはや都市伝説ではなく、れっきとした事実!もともとWindowsユーザーだった管理人は、JRA-VANの愛用者(〃∇〃) まだ、携 ...

-日本ダービー(東京優駿)
-, , , , , ,

Copyright© 得馬で儲かる競馬予想 , 2017 All Rights Reserved.