うまコラボ

PR【菊花賞過去データを分析した結果】
10月21、22日馬券的中を量産する方法


このデータを見つけたときは鳥肌が立ちました。
菊花賞にも他の全レースにも、このデータは使えると思います。

参考にしているデータは、このコラボ指数です。
コチラ


先に結論から言うと、今年の菊花賞や他の全レースを当てる為のポイントは、


1、コラボ指数30以下の馬をすべて選択
2、コラボ指数31以上の馬で単勝オッズ20倍以下の馬を追加選択

この2つです。説明すると
1、コラボ指数30以下は、過去競争データや血統からそのレースで走れると判断された馬。(図:赤線)
2、コラボ指数31以上は、過去競争データや血統からそのレースで走れないと判断された馬ですが、
単勝オッズ20倍以下になるという事は、過去データや血統からは拾い切れない走れる新鮮な条件が世の中で噂になっているという証拠。つまり穴馬になり得る馬。(図:青線)


コラボ指数と単勝オッズを組合せて見るだけ
で、上の条件が拾えるようになります。
※図は見やすいように、右から着順別にデータを並び替えてます。

■2014年菊花賞結果データ

■2015年菊花賞結果データ

■2017年10月14日(日)20万馬券以上決着のレース


すべて僕が指摘した条件通りにレースが決まっています。

コラボ指数をそのまま使っても拾え切れないデータが必ず出てきます。
でも、コラボ指数と単勝オッズを組合せただけですごいデータを拾う事ができます。

今週の菊花賞、そして平場、特別戦、的中馬券を量産する為に、
参考にしてみてはいかがでしょうか。
コチラ

重賞予想

神戸新聞杯2016予想/エアスピネル、ナムラシングンの評価は?菊花賞では狙えない!?

投稿日:2016年9月23日(金)1:02 更新日:

大川慶次郎PC

前回の記事では断然1番人気が予想されるサトノダイヤモンドの評価について書きましたが、今回は次位のエアスピネルナムラシングンの2頭について。

エアスピネルの評価は?

airspinel150915

前走のダービーでは距離不安も囁かれたが、鞍上武が完璧な騎乗を見せて0.4秒差4着に善戦したエアスピネル

今秋はココから菊花賞へ向かうようだが、天皇賞秋の方がチャンスはありそうだっただけに残念です。3000mの菊花賞では血統、馬体から多分一枚もいらないでしょうから。
(こんなコトを書くと来るのが当ブログのスゴイところ笑)

では、今回はどうか?というと、終いのキレ勝負になりやすいこのレースでは、毎年上りの速さが求められるが、この馬の今の脚質では、サトノダイヤモンドの絶好の目標にされそうで、ゴール線ではキッチリ交わされているのが目に浮かびます(´・ω・`)

もしくは、エアスピネルサトノダイヤモンドをマークする形でもやはりキレ負けしそうなのよね…。ただ超が付くスローになれば距離適性は問われなくなるので、本質はマイラーのエアスピネルでもキレ負けしないとは思うが…。

気になるデキ(調子)は?

前走ダービーから中4ヶ月で、外厩(社台ファーム山元TC)帰り。

1週前のフォトパドックでは、ダービー時と比べると、き甲が抜けて成馬の馬体に。また胸前や臀部がボリュームアップしパワーアップしている印象で、ひ腹も締まっていて仕上りに関しては問題なさそう。ただ、胴や首差しの短さからは、どう見ても2400mは適正外かと。

競馬ブックコーナー

【PR】月の収支が無料予想だけで95万超!今週も圧倒的な無料予想を公開!

ナムラシングンの評価は?

8着に敗れた京成杯以降の全てのレースで印を回している管理人のお気に入り馬ナムラシングン

皐月賞でダービーの切符を掴めず一旦放牧に出され、休み明けの前走は自己条件(1000万下)をキッチリ勝ったので、菊花賞に向けては賞金面で参戦できる見込み。ただ1000万勝ちの身では、抽選対象になる可能性があるのでこのトライアルでシッカリ権利を取っておきたいところ。

その皐月賞では、リオンディーズの斜行の煽りを多少はくらっているので、アレがなければもう1個上の着はあった可能性が高く、改めて世代上位の元値を感じたレース。

休み明けの前走1000万下では、ノーステッキで2着以下を子供扱いしたように、既に古馬オープンでやれるだけのモノはありそう。

また、これまでのレースでは道悪のタフな馬場での良績が目立つが、新馬戦や京成杯では上り最速を出しているように、パンパンの良馬場でキレ勝負になっても十分やれる見立て。

牝馬の方のヴィクトワールピサ産駒(ジュエラー)はトライアルで凡走したが、コノ馬は本番も含めて期待の方が大きいです(・∀・)

気になるデキ(調子)は?

前走宮崎特別から中5週で、外厩(グリーンウッド)帰り。

1週前のフォトパドックでは…って、画像が落ちてないので割愛m(_ _)m

ではでは、最後に注目穴馬をもう1頭。馬名はいつものようにブログランキングに載せていますので、応援クリックがてら覗いて下さい。

馬名はコチラ⇒人気ブログランキングへ (C)

前回の記事でサトノダイヤモンドの相手を(A)で出しているので、今回は3着付けに入れておきたい穴馬を1頭。今年のメンバーで何かあるとすれば前の馬。エアスピネル、サトノダイヤモンドが牽制し合って仕掛けが遅れたら、コノ馬の残り目の可能性も。格が物言うこのレースで、重賞好走実績があるのもプラス。

俺の競馬予想

PR【新しい競馬サイト】元競馬雑誌記者x現役馬主

こんな異色のメンバーで構成された新しい競馬サイト。
しかも外見は怪しさプンプン。覆面の下にちょっと目が見えている笑
面白いと思って調べてみました!
コチラ(無料登録フォーム)


<まずはお得ポイント>

1、毎週、無料予想が公開される。
2、無料登録だけで5,000円分のポイントが手に入る。
3、運営者のブログでレース展開がよめる。


<次に、他競馬サイトでは見ない事。強み>

1、元競馬雑誌記者=師匠

予想はパドックで「馬体の気配」を見て予想を変えることがある。
なので出しっぱなしの情報ではなく、
レース直前に予想や見解をたすこともある。
※カイジが好きらしい。納得。だからこの被り物か。。。

2、現役馬主=俺

馬主なので、関係各所行き来しまくれる。勝手に面白い情報が入る。
元々競馬はやってなくて勉強中だけど、サイン馬券の買い目出しがすごいらしい
2017年の2月には5,000倍的中。100円が50万に。
※サイト運営は2017年3月からなので、この予想はだしていなとのことだが、
そのときの的中画像はあるので、サイト内で公開しているとのこと。



【結果】

関係者というガチな人間ほど情報が入ってくる経路があるので、予想には自信があるのだろう
しかも現役馬主。馬主になるにはすでに相当の資産があるはず。個人資産は潤沢。

サイト運営で儲けようという気はないと思う。
予想をしてみんな勝って楽しもう。という色が強いサイトに見えた。
なので、なんかこのサイト。運営者が楽しんでやっている感がプンプンする。
だから、運営者(師匠)が好きなカイジをイメージして自分たちが楽しめるサイトにしているのかなと思った。

サイトもきれいだし、スマホでの表示もきれいだし、

かなりお金をかけて作っているサイトだと思う。


長く続けていくんだろうな。
というのが伺えるので信頼性はある。

他にはない競馬サイトでちょっと気になるのは自分だけだろうか!?
100万200万当たったというような、夢物語みたいな競馬サイトではなく、
競馬が純粋に好きで楽しんでいるサイトだと思う。
コチラ(無料登録フォーム)

※ちなみに、この覆面、ある条件をクリアーすると無料でプレゼントされるらしい笑
ちょっとほしいかも。

無料情報でも勝てる競馬予想サイト!使わないと損ですよ〜

うまコラボ

独自に開発した「コラボ指数」で脅威の的中率を誇るサイト。
レース前日に発表される指数から買い目を作るだけで、競馬初心者であっても簡単に的中を繰り返す事が可能です。
サイト内には買い目の出し方もわかりやすく解説しているので、軍資金に応じてレース・点数を絞ることができます。
もちろん、これだけ当たれば回収率もエグいですよ(・∀・)

ハイヴォルテージ

グリーンチャンネルでパドック解説を務めていた元ダービーニューストラックマン・柴崎幸夫氏が完全監修の競馬予想サイト。
超人気コンテンツの「注目馬速報」は複勝圏率90%超の絶対的な軸馬情報が無料で見放題!また当週の重賞レースの買い目も無料で見れるのでまずはそれをチェック!

馬券総合研究所 Turf Vision

"研究所"と謳っているだけあって、群を抜いた情報分析で圧倒的な的中率を誇る競馬予想サイト。
人気馬の取捨ができる「グリグリくん」、毎週4頭の穴馬をピックアップした「衝撃のダークホース」など…ネーミングセンスは置いといて(笑)、馬券に直結する情報が全て無料で見放題。毎週土日各1鞍の買い目が見れる「週末作戦研究室」も良く当ってますよ。

競馬予想の必須ツール

1

うまコラボとは、ガッチリ予想を提供する競馬サイトではありません! 全レースを対象に、血統情報やスピード指数などによって、【各レースで勝率の高い馬を順番に示してくれるサイト】です。 つまり、その辺で良く ...

2

MacユーザーはJRA-VAN関連の競馬予想ソフトは使えない… これはもはや都市伝説ではなく、れっきとした事実!もともとWindowsユーザーだった管理人は、JRA-VANの愛用者(〃∇〃) まだ、携 ...

-重賞予想
-, , , ,

Copyright© 得馬で儲かる競馬予想 , 2017 All Rights Reserved.