得馬で儲かる競馬予想

期待値の高い「得する馬」で儲ける穴党競馬予想ブログ。

follow us in feedly 友だち追加数

菊花賞

菊花賞2016予想/ディーマジェスティの評価は?長距離輸送を考慮した追い切りで大丈夫!?

前回の記事ではサトノダイヤモンドの評価について書きましたが、今回は菊花賞におけるディーマジェスティの評価について。

ディーマジェスティの評価は?

deemajesty160417

まずはダービー、セントライト記念の時の評価をご覧あれ。

【ダービー】
皐月賞では近年トレンドの共同通信杯からの直行ローテで、見事皐月賞馬に輝いたディーマジェスティ。管理人もマカヒキの相手で抑えてはいたが、まさか不利な大外枠からアタマまで突き抜けるとはね。

レースを振り返ってみると、大きく外によれたスタートから、そのまま後方4〜5番手を追走。残り800mのハロン棒過ぎから徐々に進出を開始して、4角では10番手まで押し上げ最後の直線は外。残り200mで先行勢に取り付くと、急坂部分で他馬の脚色が鈍るなか一瞬にして置き去りにして、最後はマカヒキの猛追を蛯名が振り返えって見る余裕があったほどの完勝。

マカヒキの評価記事でも書いたが、今年の皐月賞は着順通り、ディーマジェスティ、マカヒキの2頭が抜けていた印象で、レース後は、ダービーもこの2頭で決まりじゃないかなと思ったほど。

んが、最後の脚色を見てみると、やはり急坂部分での脚が他馬より抜きん出ていた印象で、東京コースでの終いの脚になると、皐月賞のようには上手くいかないような。

また、共同通信杯は稍重での勝利だったように、スピードタイプと言うよりは、どちらかと言えばパワー、スタミナ寄りのポテンシャルタイプの馬。そういう意味ではレコード決着になった皐月賞はコノ馬に向いたレースになったかと。

しかもね、コノ馬かなりズブい(笑)。皐月賞ではまだマシに見えたが、共同通信杯では、3〜4コーナー中間地点から既に蛯名がトントン、4角ではもうムチが入っていたようにかなり反応が鈍いタイプ。

立ち回りも必要なダービーでは、皐月賞のような直線一気はかなり難しい見立て。スローからのキレ勝負になればマカヒキやサトノダイヤモンドには敵わないだろうし。やはりコノ馬のポテンシャルを活かすなら、中団より前で自分から仕掛けてバテ合いに持ち込めれば。

【セントライト記念】
(ダービーの)結果はご存知の通り1番人気3着。ラップを見ても前半5F60.0、後半5F58.0、3F34.2の後傾ラップ。終いのキレを問われる展開になったコトでコノ馬の良さが活きなかった見立て。

それでもマカヒキと同じ上りで上がって来ているので、もう少しペースが流れて上りが掛かっていれば、突き抜けていた可能性もありましたね。

ダービーでも重い印を打った馬なので、現時点では捻くれずに素直に評価したいと思います。

気になるデキ(調子)は?
前走ダービーから約3ヶ月半の休み明けで、外厩(木村牧場)帰り。

1週前のフォトパドックでは、皐月賞時と別馬のように映った前走時と比べて、今回の方が馬体のバランスは断然良く見える。ただ、腹回りや肩をみるともう一絞り欲しいところ。デキ8分でも皐月賞馬の意地を見せて欲しいが…。

で、セントライト記念は豪快に捲って1着でしたね。ただ、レース動画を見ると、直線の坂下では一旦詰め寄られて、坂で再び突き放しています。

やはり上の短評でもあるように、急坂部分の走りが他馬より抜きん出ているのは間違いなさそうですね。

距離もそうだが、直線平坦の京都に変わる今回は、これまで見せた走りを見せれるかどうか?初の長距離輸送もあることだしね(´・ω・`)

deemajesty160918

気になるデキ(調子)は?

前走セントライト記念から中4週で在厩での調整。

1週前のフォトパッドックでは、緩く映った前走と比べて雲泥の差。胸前や肩、トモの張りもよくキッチリ仕上がった印象ですね。それでも皐月賞時のバランスがとれた好馬体と比べると、どうしても見劣ってしまうのは管理人の好みも多少あります。

あとは、これだけ筋肉量の多い馬体で3000m持つのかな…と。

競馬ブックコーナー

追い切りはどーよ?

1週前は、美浦南W(良)併せ5F【67.2-51.9-37.0-12.4(G前追い)】の時計。

抜群のデキだった皐月賞時の1週前が稍重で【65.7-51.0-37.0-12.5(G前追い)】だったので、それと比べると一枚落ちる印象ですね。

んで、今日行われた最終追い切りでは、美浦南W(良)併せ6F【83.6-66.9-51.8-37.9-12.9(馬なり)】で、長めから追われているが、時計をみても輸送を考慮した緩い仕上げ。

動き自体は、僚馬(古馬準OP)を5馬身先行させて、馬なりで2馬身先着しているので全く問題ないが、皐月賞、ダービー時の最終追い切りと比べると、どうしても見劣ってしまいます。

コース適性は?

前述の通り、急坂で一気に伸びる(他馬が止まるから?)ディーマジェスティが、直線平坦になる京都コースは多少割引きたいところ。

ただ、それでもダービーで坂を上がってからの平坦部分では、サトノダイヤモンドと脚色が同じだっただけに、同世代なら元値の違いってやつで何とかなりそう。

血統面から見ると、ディープインパクト産駒については前回のサトノダイヤモンドの評価記事でも書いた通りだが、父サンデー系、母父ブライアンズタイム(ロベルト系)でみると、ビートブラック(菊花賞3着、春天1着)、スリーロールス(菊花賞1着)等がいるように、淀の長距離への適性はありそう。

また、この菊花賞はご存知の通りディープインパクト産駒が未勝利のレースなんだが、この世代までは皐月賞も未勝利だったのに終わってみれば、上位3頭がディープ産駒。しかもダービーも同じ3頭。やっぱ、この世代が特異点になるのかなと。

まぁ単純な能力比較なら、今年はサトノダイヤモンドディーマジェスティの2頭が抜けているのは百も承知なわけで、穴党としてはコース適性の妙をついた予想をするしかなさそうです(´;ω;`)

そういう意味では、菊花賞という舞台の適正が高そうなコノ馬は要注意。

馬名はコチラで確認⇒人気ブログランキング(C)

コノ馬は先行して常に上位の上りをだしているので、コース適性からも抑えておきたい穴馬。間隔が開いたので仕上り具合は要チェックです( ー`дー´)キリッ

-菊花賞
-, ,

競馬予想の必須ツール

1
Macユーザーに朗報!JRA-VAN NEXTライクな競馬予想支援ツール「KLAN」がすごい!

MacユーザーはJRA-VAN関連の競馬予想ソフトは使えない… これはもはや都市 ...

2
競馬予想支援ツール「KLAN」のプレミアムプランが予想以上に凄かった!

KLANを知らない方はコチラの記事から⇒JRA-VAN NEXTライクな競馬予想 ...

無料情報でも勝てる競馬予想サイト!使わないと損ですよ〜

うまコラボ

独自に開発した「コラボ指数」で脅威の的中率を誇るサイト。
レース前日に発表される指数から買い目を作るだけで、競馬初心者であっても簡単に的中を繰り返す事が可能です。
サイト内には買い目の出し方もわかりやすく解説しているので、軍資金に応じてレース・点数を絞ることができます。
もちろん、これだけ当たれば回収率もエグいですよ(・∀・)

馬券総合研究所 Turf Vision

"研究所"と謳っているだけあって、群を抜いた情報分析で圧倒的な的中率を誇る競馬予想サイト。
人気馬の取捨ができる「グリグリくん」、毎週4頭の穴馬をピックアップした「衝撃のダークホース」など…ネーミングセンスは置いといて(笑)、馬券に直結する情報が全て無料で見放題。毎週土日各1鞍の買い目が見れる「週末作戦研究室」も良く当ってますよ。

ハイヴォルテージ

グリーンチャンネルでパドック解説を務めていた元ダービーニューストラックマン・柴崎幸夫氏が完全監修の競馬予想サイト。
超人気コンテンツの「注目馬速報」は複勝圏率90%超の絶対的な軸馬情報が無料で見放題!また当週の重賞レースの買い目も無料で見れるのでまずはそれをチェック!