ハイヴォルテージ

PR【ここを信じれば10月逆転可能】
まずは280万獲得から!!


プロの予想と素人の予想には大きな違いがあります。
それは、買い目点数と回収率です。

グリーンチャンネルの元パドック解説者「柴崎幸夫氏」
【菊花賞(G1)】3連複7点馬券、無料です。

10月始め、280万獲得
ーーーーーーーーーーーーーーーー
10月09日 東京9R 山中湖特別 三連単予想
提供情報:キャンペーン
配当金:2,876,800円獲得!
ーーーーーーーーーーーーーーーー
コチラ

そして柴崎氏が現地で仕入れた情報発信「柴ブロ」

柴崎氏が得意なのは【馬体診断】です。
つまり、紙面などには出ない【競走馬の調子の良し悪しを知る事ができます】
そして、【馬場適性と距離適性を組合せた予想が可能になります。】

重賞的中の近道として役立ちますので、見る価値はありです。
毎週のコラムとして、ぜひ見てみたください。
コチラ

【yahooメール】【G-MAIL】は「迷惑フォルダー」に入ってしまいますので「迷惑フォルダー」を必ず確認頂き本登録を完了下さい。また【@icloud.com】はご使用できません。

天皇賞(春)

天皇賞(春)2017予想/有力馬分析と注目穴馬!キタサンブラック、サトノダイヤモンドの評価は?今年は2頭の一騎打ち!?

投稿日:2017年4月24日(月)22:24 更新日:

大川慶次郎PC

どうも!管理人エバーです。今週のG1は伝統の古馬長距離G1・天皇賞春です!

今年は史上5頭目の連覇を狙うキタサンブラックと、前年の菊花賞・有馬記念勝ち馬サトノダイヤモンドの二強対決というコトで例年より盛り上がっていますね。

管理人的にも皐月賞から流れが悪いので、この天皇賞春をバシッと当てて気持ち良くG.Wを迎えれるようにしたいと思います。

では、いつもの様に予想オッズで上位人気に推されている有力馬の分析からいきます。

天皇賞(春)2017 予想オッズと出走予定有力馬分析

天皇賞・春 2017 予想オッズ
※回避を表明したカレンミロティックを除く18頭が出走予定

キタサンブラック

昨年と同じローテで連覇を狙うキタサンブラック。今や現役最強の呼び声も高く、武とのコンビなら淀の長距離で崩れるシーンはチョット想像できないですよね。

以下は昨年の天皇賞(春)の時の評価記事から抜粋。

コノ馬もまずは前走大阪杯の時の評価をご覧あれ。

昨年の菊花賞馬だが、先行脚質のイメージからも、コノ馬が上り最速で勝ったコトは意外と知られてませんよね。

前走有馬記念では、菊花賞の上り最速勝ち馬は有馬記念で【2-2-0-0/4】の鉄板データがあったコトからも3着は少し物足りない結果だったかと。

有馬記念での評価記事はコチラ⇒有馬記念2015/キタサンブラックの評価は?菊花賞馬の鉄板データで馬券内は確実!?
んで、菊花賞を上り最速で勝った馬を、TARGETで調べるコトができる1986年以降のデータで見てみるとこんな感じ。

キタサンブラック
ゴールドシップ
ソングオブウインド
ディープインパクト
エアシャカール
マチカネフクキタル
ダンスインザダーク
ナリタブライアン
ビワハヤヒデ

どうだろう…そうそうたる顔ぶれじゃね?まぁソングオブウインドやマチカネフクキタルはイマイチなイメージだが、ケガがなく順調につかえていたらもっとやれていた可能性もあるだろう。

つまりだ、「最も強い馬が勝つ」と言われてる菊花賞を上り最速で勝った馬は、世代最上位の能力は持っているというコト。現4歳世代は怪物ドゥラメンテが抜けていたが、次位はリアルスティールとキタサンブラックで間違いなく、この世代の活躍ぶりを見ると、ここでも十分期待できるだろう。

また、楽に先手を奪えるメンバー構成で展開的にも恵まれるだろうし、懸念材料は、初の58kgをどう捉えるかだけかと。まぁ500kgを超える大型馬なので問題ないか…(´・ω・`)

んで、結果はご存知の通り、スローペースの行った行ったでアンビシャスの2着。前後半の5Fが61.1-58.2の結構な後傾ラップになったので、そりゃコノ馬が4角先頭なら残るだろ!っていうレースでしたね。

そんな展開になっただけに前走の結果は全くアテにならないが、ただ忘れてはいけないのが、この4歳世代は近年の中では最もハイレベルな世代ということ。その世代の菊花賞馬なワケだから、ココで勝ってもなんら可笑しくないかと。

また、過去の菊花賞馬が、明け4歳で春天に挑んだ時の成績は、1986年以降【6-0-3-6/15】、勝率40.0%、複勝率60.0%と驚異的な数値。(過去29年の内14頭は未出走)

キタサンブラックは、菊花賞を勝って、有馬記念でも3着、前走大阪杯でも2着、嫌う要素があるとすれば、人気のゴールドアクターと同じ脚質なので2頭の兼ね合いと、後続の目標にされるってコトぐらいかな。

結果はご存知の通り1人気1着。武が絶妙なペース配分で逃げて、勝負圏にあったのは内でマークしていたカレンミロティックだけというレース。一度はそのカレンミロティックに交わされましたが最後に差し返してのハナ差勝ちで、勝負根性も見せつけましたね。

んで、その昨年は、前走大阪杯組の4歳馬は【2-1-1-1/5】で着外の1回は2014年のキズナ(レース後に骨折が判明)だけというデータ的なプラス要素がありました。

今年はデータ的な後押しは昨年に比べて少なく、仮に1番人気なら過去10年で【0-0-1-9/10】になりますからね。ただデータ云々よりは長距離戦なら自分でレースを作れる強みがあるので、凡走する可能性は極めて低いと見ています。まぁ皆さんも同じ意見でしょうが…。

あと少し気になるのは、何をしてくるか予想できないヨコノリ(横山典弘騎手)が今回はゴールドアクターの鞍上というコト。流石に後方ポツンはありえないので、位置取り的にはキタサンブラックを突っつく形になりそうですよね。その辺は枠順が確定したらジックリ考えてみたいと思いますが、内枠に入れば相手関係がどうであれ堅軸でしょうね。

──PR────────────────
  〜頼りになりまくるコラボ指数〜

   桜花賞(G1) 皐月賞(G1)
 \両方、穴馬をドンピシャ的中/

天皇賞(G1)もコラボ指数に頼るしかない
http://www.collabo-n.com/
────────────────PR──

サトノダイヤモンド

まずはコノ馬の有馬記念の時の評価から。(以下抜粋)

菊花賞では1番人気に応えて上り最速での勝利でした。たしかジャパンカップでレインボーラインを推した時に書いた記憶がありますが、今年の菊花賞は前後半の5F(1000m)がどちらも60秒を切っていますが、過去10年を見てもそんな年は一度もありません。またダービーでも後半5F58.0という速いラップは今年だけです。それぐらい今年の3歳馬の世代レベルは高い見立て。

んじゃ、レインボーラインが何故ジャパンカップで凡走したかって?単純に位置取りと展開だけ。差しが決まる流れなら着はあったと今でも思っています。直線入り口でもたつきながら上り最速ですからね。まぁ有馬記念に出ないのでレインボーラインの話はこの辺にしておきます。

んで、サトノダイヤモンドはそのハイレベルの菊花賞で、枠が良かったのもありますが、楽に突き抜けての勝利。管理人の見立てでは、ディーマジェスティに狙いを定めていたレインボーラインとはモノが違う感じがしました。

まぁ、ミンナも強さを知っているから1番人気に推されるんだろうけどね(・∀・)

しかも3歳馬がこの有馬記念で1番人気に推された場合は、1986年以降のデータを見ると【3-3-1-2/9】、馬券外の2頭は逃げたセイウンスカイ(1998年4着)とファインモーション(2002年5着)でした。1番人気馬の逃げですからマークが集まるのは当然ですが、それでも掲示板には載っているので、やはり3歳馬の1番人気は評価しないといけませんね。

また、昨年の有馬記念の時も書いた【菊花賞の上り最速勝ち馬は馬券内鉄板!】というデータはキタサンブラックの3着で継続中ですので、今年もこれに該当するサトノダイヤモンドは馬券内鉄板なのかなと。

その有馬記念ではキタサンブラックを交わしての勝利。内外離れて差したので、仮に馬体を併せていたらどうだったか分かりませんが、まぁそれもルメールの作戦とのこと。

ただ、有馬記念自体は3歳馬が断然有利なレースです。理由の一つは、古馬勢の秋の最大目標が賞金の多いジャパンカップということ。もう一つは2kgの斤量差。これらがあるので世代上位の菊花賞馬がその年の有馬記念で好走するのは当然といえば当然の流れ。

今回キタサンブラックとは同斤での対決でどちらもココがメイチ。この天皇賞春で真の勝敗が付くんじゃないかなと。

管理人的にはキタサンブラックを推す以上、馬券的にはサトノダイヤモンドには大人しくして欲しいのが本音。データ的にも不安要素がタンマリありますしね(*´艸`*)

巷ではディープインパクト産駒が不安という声もありますが、たしかに天皇賞(春)では過去10年で【0-1-0-9/10】と未勝利です。ただサトノダイヤモンド自身がディープ産駒初の3000m超えの重賞勝ち馬なのでその枠に収めるのはどうかなと。

それよりも不安な点はやっぱ斤量初の58kgってだけじゃないですよ。もっとゴイスーなマイナスデータがありますよ。

過去10年の4歳馬で、この天皇賞春で初めて58kgを背負った馬は【2-1-3-31/37】、その内あるデータに該当する馬は【0-0-1-12/13】で3着が1度だけ。2013年1人気ゴールドシップや2012年1人気オルフェーヴルもこのデータに該当してブッ飛んでいます。

その条件を [最強]競馬ブログランキングへ に載せていますので応援クリックがてら覗いて下さい。

以上、抜粋ばかりで手抜き感がありますが笑、上位人気に推されてる二強の分析でした。次回はシャケトラ、シュヴァルグランの評価記事を更新します。

ではでは最後に、天皇賞春の注目穴馬をいつものところに載せておきます。こちらも応援クリックがてら覗いて下さい。

注目穴馬の馬名はコチラ⇒人気ブログランキング(B)

前走の負けで人気が落ちるのなら今回は買いの番。昨年は外枠発送、レース前からイレ込みで度外視していいレベル、それでも勝負どころの3角下りから4角にかけてはシッカリ動けていたので、京都外回りコースの適性は問題ないかと。予想オッズの人気はさすがにナメられ過ぎだし、なによりヤネが不気味ですよね。

うまコラボ

PR【菊花賞過去データを分析した結果】
10月21、22日馬券的中を量産する方法


このデータを見つけたときは鳥肌が立ちました。
菊花賞にも他の全レースにも、このデータは使えると思います。

参考にしているデータは、このコラボ指数です。
コチラ


先に結論から言うと、今年の菊花賞や他の全レースを当てる為のポイントは、


1、コラボ指数30以下の馬をすべて選択
2、コラボ指数31以上の馬で単勝オッズ20倍以下の馬を追加選択

この2つです。説明すると
1、コラボ指数30以下は、過去競争データや血統からそのレースで走れると判断された馬。(図:赤線)
2、コラボ指数31以上は、過去競争データや血統からそのレースで走れないと判断された馬ですが、
単勝オッズ20倍以下になるという事は、過去データや血統からは拾い切れない走れる新鮮な条件が世の中で噂になっているという証拠。つまり穴馬になり得る馬。(図:青線)


コラボ指数と単勝オッズを組合せて見るだけ
で、上の条件が拾えるようになります。
※図は見やすいように、右から着順別にデータを並び替えてます。

■2014年菊花賞結果データ

■2015年菊花賞結果データ

■2017年10月14日(日)20万馬券以上決着のレース


すべて僕が指摘した条件通りにレースが決まっています。

コラボ指数をそのまま使っても拾え切れないデータが必ず出てきます。
でも、コラボ指数と単勝オッズを組合せただけですごいデータを拾う事ができます。

今週の菊花賞、そして平場、特別戦、的中馬券を量産する為に、
参考にしてみてはいかがでしょうか。
コチラ

無料情報でも勝てる競馬予想サイト!使わないと損ですよ〜

うまコラボ

独自に開発した「コラボ指数」で脅威の的中率を誇るサイト。
レース前日に発表される指数から買い目を作るだけで、競馬初心者であっても簡単に的中を繰り返す事が可能です。
サイト内には買い目の出し方もわかりやすく解説しているので、軍資金に応じてレース・点数を絞ることができます。
もちろん、これだけ当たれば回収率もエグいですよ(・∀・)

ハイヴォルテージ

グリーンチャンネルでパドック解説を務めていた元ダービーニューストラックマン・柴崎幸夫氏が完全監修の競馬予想サイト。
超人気コンテンツの「注目馬速報」は複勝圏率90%超の絶対的な軸馬情報が無料で見放題!また当週の重賞レースの買い目も無料で見れるのでまずはそれをチェック!

馬券総合研究所 Turf Vision

"研究所"と謳っているだけあって、群を抜いた情報分析で圧倒的な的中率を誇る競馬予想サイト。
人気馬の取捨ができる「グリグリくん」、毎週4頭の穴馬をピックアップした「衝撃のダークホース」など…ネーミングセンスは置いといて(笑)、馬券に直結する情報が全て無料で見放題。毎週土日各1鞍の買い目が見れる「週末作戦研究室」も良く当ってますよ。

競馬予想の必須ツール

1

うまコラボとは、ガッチリ予想を提供する競馬サイトではありません! 全レースを対象に、血統情報やスピード指数などによって、【各レースで勝率の高い馬を順番に示してくれるサイト】です。 つまり、その辺で良く ...

2

MacユーザーはJRA-VAN関連の競馬予想ソフトは使えない… これはもはや都市伝説ではなく、れっきとした事実!もともとWindowsユーザーだった管理人は、JRA-VANの愛用者(〃∇〃) まだ、携 ...

-天皇賞(春)
-, ,

Copyright© 得馬で儲かる競馬予想 , 2017 All Rights Reserved.